自宅で仕事をするSOHOという形態が実現するに連れて、限られた機能だけを利用したい企業の運営者が増えました。
現在の仕事は多くをパソコンに頼っています。
これはSOHOが流行している理由の一因です。
なぜならパソコンは以前ほど高価格の商品ではなくなり、一家に一台はパソコンを所持できるようになりました。
同時にパソコンを仕事で利用するシーンが多くなった事により、必ずしも賃貸事務所を構えて仕事をする事はなくなったのです。
それによって会議室だけを利用したいと考える人や、FAXやスキャナだけを使いたいという要望が増大しました。
その希望を叶えるために業者は限定サービスを提供するようになり、現在のオフィスの多様化に至ったのです。
オフィスの多様化の一つとして、バーチャルオフィスやレンタルオフィスの機能を使ったイメージアップもあります。

オフィスの形態

会議室や機械だけを使いたいという人向けのサービスに、レンタルオフィスというものがあります。
このサービスの特徴はフロア全体を借りずにわずかな空間だけを借りる事です。
フロア全体は仕切りで区分けされており、複数の利用者が一室を共有して利用します。
それによって従来の賃貸事務所よりも安価で借りる事ができるのです。
更に仕事でよく使う機械は最初から備え付けられているので、初期投資費用を抑える事もできます。
こういった環境が必要ないけど、住所や企業用の電話番号が欲しいという場合はバーチャルオフィスが有効です。
それは物理的なスペースを確保する必要がありません。
なぜなら電話番号や住所などの論理的な情報を借りる事で解決するからです。

オフィスの価格

レンタルオフィスは賃貸事務所を借りて備品を準備するよりも、遥かに安価で利用できます。
SOHOで仕事をする人の多くは一人で仕事をする事が多いので、パフォーマンス面でも優れているといえます。
しかしバーチャルオフィスは更に安いのが事実です。
物理的な制約がない事が大きな差になっています。
しかし必ずしもバーチャルオフィスが優れているとは限りません。
顧客と話し合う機会が多いのであれば、会議室を自分で借りる必要に迫られる事もあります。
そうなれば浮いた費用もそこで消費する事になり得るのです。
それに対してレンタルオフィスであれば、会議室が備え付けられている事も少なくありません。
これは企業のイメージアップにも繋がるので、顧客にとって優れたサービスです。

オススメリンク

サービスの充実したバーチャルオフィスをお探しなら:【決定版】大阪のバーチャルオフィスBEST5

場所を借りない

近年では仕事を自宅でする人が増えました。
それによって必ずしも企業がオフィスを借りる必要はなくなったと言えます。
しかしそれでも企業は取引相手が存在して初めて存続する事ができます…Read more

お得に利用

賃貸オフィスは必ずしも利用者の希望を、全て叶えるとは限りません。
なぜなら顧客の数だけ要望が存在するので、賃貸オフィスにも盲点が存在するからです。
賃貸オフィスはスペースだけを貸…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
BACK TO TOP